報道されない「宅配クリーニング」の悲鳴現地直撃リポート

待ちに待った年金生活ですが、今までの生活が大きく変わることは確かです。


これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。

現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、退職して年金生活になれば、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。


まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。


ここで思い切って、住環境を変えてみるのも良いのではないでしょうか。


以前、自分の単身赴任の引っ越しを行ったときに、業者さんへ慣例として渡すことの多いと聞いた心付けをどのくらいの金額にしようかと家の者と相談しました。


引っ越しと宅配クリーニングといっても単身の引っ越しと宅配クリーニングなので、作業のために来られた方は2人だけで、1時間ちょっとかかっただけの洗濯する作業でしたから、結果的にはお茶を出してお礼を言ったくらいで心付けを渡すタイミングそのものもなく、作業は終わって二人も帰っていきました。

衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物や洋服や布団として運ぶ時に引っ越し会社から借りることができる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。


ダンボールを使って荷造りをしていくとなると衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。


転居先に着いたら、ケースから取り出してハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。


自営業の人に加入者の多い、国民年金加入者が引っ越しと宅配クリーニングすることになっているなら、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをすることになっております。

手続きの期限は引っ越しと宅配クリーニング後14日以内ですから年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。


必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。


何かの事情で、本人が出向けない場合、形式に則った委任状が提出できるならしかるべき代理人が手続きを行なえます。


引越しの際忘れてはならないガスの解約は、退去する日よりうんと前から申込みが可能なので、忘れないよう前もってインターネット等から受付をしておく方がベストです。

ただ、入居当日に立ち会わなければならない場合があるので、時間帯の決め方に注意を払うようにしてください。


今回の引っ越しと宅配クリーニングで見積もりを出した際、そのときの対応が今でも気になっています。


実は、液晶テレビを運ぶのには保険をかけないと契約できないと言われました。


引っ越しと宅配クリーニングの荷物や布団として40型の液晶テレビがあったため、購入したときの価格が30万円以上の品は、保険をかけないと運べない規定になっているそうなのです。


業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのかずっと疑問に感じています。

引っ越しと宅配クリーニングを決断したことに伴い、エアコンを処分する事に決めました。

一般的な賃貸ですと、エアコンが付いています。

今住んでいるところは、古い寮のため、エアコンはそれぞれ自分で付けることになっていました。


ああいう寮じゃなく、賃貸を選べばよかったと今更後悔しています。

引越しのその日にやることは2点です。

まずは、出ていく部屋では荷物を運搬後に管理会社の立会いで部屋のありさまを点検することです。

ここで大きな汚れや傷を見定めますが、この確認が敷金の補填や別途クリーニング費用の請求に影響します。


新しい家ではガスの元栓を開けることが必要です。


これは業者やクリーニング店の立ち合いが絶対です。


単身で引っ越しと宅配クリーニングするときベッドか布団かは悩むところです。

ロフトなしワンルームであれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。


また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者やクリーニング店でもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう問題も起こるものです。


引っ越しと宅配クリーニングを機会に、ベッドを処分して布団生活を思い切って試してみると意外と楽かもしれませんよ。

冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越しと宅配クリーニング洗濯する作業の人が運搬するのを見ている時には、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。

段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったという展開は最も避けたいので、見た目にも丁寧に荷物や衣類を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。

引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。


でも、運がいいのか、荷物や布団をぞんざいに運ぶような業者やクリーニング店に遭遇したことはありません。


また、引っ越しと宅配クリーニング時の家電の破損について、補償されることになっていますから、素人の自分がやるよりはプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。