アルバイト時代の想い出

もう20年近く前になりますが、最後にアルバイトしていた仕事が夜間の棚卸し代行でした。


色んなスーパーやドラッグストア、ホームセンターの閉店後に店に入ってハンディのマシンでカタカタカタカタ・・・と店頭の在庫商品を数えていってデータを納品するのが仕事です。


当時は20代後半でそれまで目指していた夢がうまくいかずどうしようかなと思っていたときだったんですが、なんとか次の仕事を決めて辞めることができました。

でも数年して仕事帰りに近所のスーパーに寄って夜食を買って帰ろうとしたらその時同僚だった人が棚卸しに来てて・・・お互い苦笑いw
深夜の仕事だからムダに時給もよく感じるので、ダラダラ続けちゃう人が結構多いんですよね。


あの頃から15年以上たっているけど、未だにやっている人もいるkとか・・・難しい時代ですよね。


もちろんお金が入るならそれでいいという考え方もあるけど、いつまで品物を数えることをし続けてるんだろうと人ごとながら気にしてしまいます。