新型コロナで加速したクラウドソーシング

世間の人々の働き方を変化させたのがクラウドソーシングです。


このサービスを取り入れることで発注側は費用を抑え受注する側は自分の裁量に合わせてどこでも仕事ができるようになったのです。


オフィスを必要としないこうしたスタイルの働き方をリモートワークと呼び場所に限らずいろいろな面で自由度の高いビジネスモデルです。


世界中にインターネットが普及したことにより働く場所は選ばなくなりました。


それによりプログラミング系のイベントにもリモート参加者がいるほどです。


イベントによっては海外からの参加者も集まるとか。


環境が違う人たちの斬新なアイディアに触れられるのはめったにない好機でしょうね。


日本発のプログラミング言語であるRubyはより簡単にプログラミングが可能になるように開発されたものだそうです。


それだけより多くの人に使ってもらいやすいとも言えます。


プログラミングを楽しめるように開発されたというだけあって仕事というより趣味で楽しむ人もおられるようです。


この言語で簡単にiOSやAndroidのアプリが作れるというのがRubyMotionです。


とあるハッカソンで取り入れたという人もいて、実際利用した人のお話ではメリットもデメリットも同じくらいあるようで慣れや好みで感じ方はそれぞれのようです。


インターネットの普及などでさまざまな働き方ができるようになってきた昨今。


最近では少人数の会社やフリーランスが集いひとつの仕事場でそれぞれ個人の仕事をするコワーキングという働き方も見られます。


アメリカを中心に広がってきたスタイルでそういった使い方も可能なスペースは日本でも増えてきています。


こういったコワーキングスペースと言われる場所を使ったプログラム開発に関するイベントも開催されることがあります。


実際にある程度の人数で仕事をしている場所でもあるのでイベントに必要な条件がそろっているということでしょう。


WEBというのは文章などをインターネットにアップし世界中に公開したりまたそれを見たりできるものですがこの技術を取り入れたハッカソンも多く開催されています。


今や我々の生活にすっかりなじんだ技術と言えるでしょうがだからこそ他の様々なものと組み合わせたときにどんなことが起こるのか着想次第でどんなことでもできそうな気がしてしまいます。


イベント参加者の中には使う機能を最小限にするなどしてたった2日間でサービスを作り上げた人もおられるとか。


何がしたいかという点をしっかり練り上げることで本当に必要なものだけが選ばれるのですね。


2013年にとあるハッカソンが大阪で開かれましたがこれが今に至る方向性を見出したと言われています。


その考え方がIoT、インターネットオブシングスです。


テレビや新聞などでしばしば目にするようになった言葉ですが簡単に言うとパソコン周辺機器ではないような「モノ」とインターネットとをつなげて新しい何かをしようという考え方です。


これにより現代社会では外から家にある電化製品の電源の状態を確認したり家で留守番中のペットの様子を外出中にチェックしたりといった昔なら夢物語だったような技術が次々生まれてきているのです。


国内でも有名な温泉地でアプリ開発に励む聞いただけでも楽しそうなハッカソンがあります。


温泉地での本戦では宿泊費等を負担してもらえるというのもあるからか全国的に人気のイベントのようです。


夏の本戦に向けて2か月も前から地方予選が行われます。


このイベントでトップになることができれば憧れの地シリコンバレーへのスペシャルツアーに招待してくれるそうな。


ライバルも多く作業時間も限られているため気持ちも焦りそうですが癒しどころ満載の温泉地なら旅行気分まで味わえてしまうかもしれません。


RailsというのはRuby on Railsの略で日本発のプログラミング言語Rubyで書かれた無料公開されているWebアプリケーションフレームワークのことでWeb開発にRubyを使うときには大抵取り入れられています。


なぜなら開発効率がアップするからです。


他と比べてもかなり利便性が高いとのこと。


よって時間に追われるハッカソンにはおあつらえ向きと思えるのですがとあるイベントの統計によるとそれほど使われていないようなのです。


その柔軟性の高さゆえに変更が加え続けられるシステムの開発に向いているそうです。


エンジニアの人たちが集結する人気のイベントにアプリやソフトウェア開発系のものがありますが、それに加えてIT分野最新の技術を今までとは違ったモノとつなげるモノを作り出すようなイベントも増えているようです。


今まで紙であったり人の手であったりに頼っていたような部分をもっと便利なもしくはもっと斬新な形にしていくものを作るという技術を試したい人には挑戦しがいのある催しとなっています。


どんな仕事でも改善点があるかと思いますが新しく開発したソフトウェアによってそれらが解消できたらさらには質の良い仕事ができるようになるなら素晴らしいことです。