恋愛のまっただ中

恋愛のまっただ中では、俗に言う“ハッピー”を作るホルモンが脳の中に沁み出ていて、少しだけ「テンションが高い」気分だと見られています。


恋愛においての悩みは千差万別だが、紐解いてみると異性に対する本能的な違和感、怖気、異性の考えがちんぷんかんぷんだという悩み、ヤルことに関する悩みではないでしょうか。


法人顧客の担当部署や、昼食を買いに行ったパン屋などで少々喋った異性、これも一種の出会いですよね。

こういう日々の暮らしの中で、男女の感覚をすぐさま変えようとしていることはないですか?
異性へのアピールが大胆な己のことを話すと、オフィスから、気軽に寄った隠れ家風のバー、39度もの発熱で受診しに行った病院の診察室まで、日常的なところで出会い、恋仲になっています。